東海林美保のwiki風!三益酒店の場所、通販やお取り寄せはできる?【セブンルール】

syoji セブンルール
スポンサーリンク

ハイボールやカシスウーロンが好みの管理人のさやかです^^

お酒は好きですが、ここ数年ビールで顔が真っ赤になるほどです(;^_^A

そんな中、2019年3月26日(火)フジテレビ系列で夜11時30分から放送の「セブンルール」で、東海林美保さんが密着取材を受けた時の様子が放送されます。

東海林美保さんと言えば、東京都北区にある地酒屋さん『三益酒店』の店主として活躍されています。

日本酒が美味しいという方は、粋な感じで酒豪という管理人の勝手なイメージを持っています…。

おちょこを片手に飲んでいる姿って素敵だと思って、管理人も真似したことがありますが、どうも日本酒との相性がイマイチで、すぐダウンしてしまいます。

今回は、地酒を取り扱っているお店の店主である東海林美保さんについてまとめてみました。

東海林美保(三益酒店店主)のwiki風や経歴

東海林美保のwiki風プロフィール

名前:東海林美保(しょうじ みほ)
通称:ショウミホ
生年月日:1984年9月9日生まれ
出身地:東京都北区
好きな言葉:よっぽどのご縁

東海林美保の経歴

三益酒店は、元々父親である東海林孝生さん(通称:おいちゃん)が経営されていて、その後ろ姿を見ながら育った美保さんは、将来はお店の跡継ぎになると、小さな頃から思い描いていたそうです。

その思いが影響したのか、学生の頃から酒蔵通いをしていたそうです。

しかし、大阪の企業の通信販売課でカタログ制作など従事。OLの経験を経て2010年ごろから少しずつお店のお手伝いをするようになり、2016年に代表取締役に就任して、本格的にお店の経営に関わることになったそうです。

現在は、お店の看板娘と並行して3代目として奮闘中です。

美保さんがお店に関わる前は、常連さんを中心とした経営で、マニアックな方たちが多かったこともあり、お店に入りにくい雰囲気だったそうです。

そのイメージを払拭するためお店を改装。お店のロゴをオシャレなものに変え、入り口をガラス窓にすることで、明るく入りやすいお店作りを徹底したそうです。

syoji01
画像出典:https://www.tenpodesign.com/work/detail/25169

また、店内でお酒を飲めるスペースを併設して、毎週末に角打ち(かくうち)として、カジュアルな雰囲気でお酒を楽しんでもらう工夫もされています。

角打ちは、毎週土曜日13時~18時、三益酒店の隣のスペースにてオープンしているそうです。

syoji03
画像出典:https://www.tenpodesign.com/work/detail/25169

東京の下町の良い雰囲気が出て居心地良さそうですね☆

ちなみに角打ち(かくうち)とは、酒屋さんの店内で勝ったお酒を店内で飲むこと。またはそれを行っているお店のことをいいます。

店内は、お酒を紹介するポップや、料理とお酒のおすすめの合わせ方など、利用者目線にたった工夫が至るところにちりばめられています。

こちらの動画で、お酒の熱い想いを語っておられました。司会が大場久美子さんなのに驚きました(笑)。

東京北人図鑑 第61回 東海林美保さん(7/30放送)

三益酒店が扱っている地酒は通販・お取り寄せできる?

三益酒店では、全国の地酒や焼酎を取り揃えているお店で、500種類ほどのお酒を取り扱っています。

日本全国の造り酒屋さんを回って仕入れをしていて、レアものも多いんだとか。

日本酒好きにはたまらないんでしょうね。

そんな三益酒店が取り扱っているお酒は、ホームページで購入・お取り寄せができるほか、楽天市場でも買うことが出来ます。

気になる方はチェックしてみて下さいね^^

三益酒店 燗酒屋HP(日本で唯一の燗酒専門店)

酒道塾 燗酒屋 楽天市場店

東海林美保(三益酒店)のSNS(HP、ブログ、Twitter、Facebook)は?

地酒処 三益酒店 ホームページ

三益酒店3代目”ショウミホ”のマイペース日記

地酒処 三益酒店Twitter

三益酒店Facebook

東海林美保のセブンルールは?

1.酒蔵の人の顔と名前は全員覚える
2.全ての酒にポップをつける
3.店頭に並べる酒は二女に任せる
4.取引先の飲食店には絶対食べに行く
5.プライベートはレモンサワーを飲む
6.三女のおつまみを毎日チェックする
7.酒のストーリーを売る