電気ケトルでチョコレートフォンデュ?おはよう朝日ですで紹介のLUCTUSクックケトルは万能調理器!

テレビ番組
スポンサーリンク

緑茶やコーヒー・紅茶を飲む時、サッと沸かすことができてお手入れもラクな電気ケトルは、お湯を沸かすだけの道具だって思っていました。

しかし、「おはよう朝日です」で紹介されていた電気ケトルは、チョコレートフォンデュも出来るというもの。

以前は、電気ポットを使っていたのですが、通電しておかないと、お湯が冷めてしまうし、電気代が勿体ないって思い、保温タイプのポットに切り替えて使っていました。

けど、保温時間が短いのが不満で、結局のところ、やかんを使って必要な時にコンロで沸かしていました。

ティファールなどの電気ポットを見た時には、便利でいいなと気になりましたが、物を増やしたくないということと、何だかんだでお手入れが面倒だ~~!

面倒くさがりの自分には向いていないと感じて、お湯を沸かすのはコンロで十分だわ…って思っていました。

そんな中、おはよう朝日ですのトレンドエクスプレス内で紹介された電気ケトル、「LUCTUS クックケトル(スマイル)」

お~~~って思ったポイントが次の7点。

  • ケトル本体がガラス製で中身が見える
  • 付属品として茶こしが付いている
  • 6段階の温度調整
  • 1h保温可能
  • 空焚き防止付き
  • 調理もOK
  • ガラス製なので匂いがつかない

まず、本体がガラス製というのがいいなって思いました。電気ポットのお手入れって、中を洗うのが大変ですよね。

クエン酸などで定期的にお手入れしないと白いものが付着しやすいので、このお手入れが面倒に感じるほどのズボラさんなので、ガラス製には注目しちゃいました。

ガラスだと洗うのもラクだし、匂いも付きにくいのでズボラさん向き(笑)。

それに、6段階の温度調整もいいなと。

40℃、50℃、60℃、70℃、80℃、90℃の10度ごとの温度設定ができるから、低温調理も、この電気ケトルでできちゃいますね。

コンロのように火加減を気にする必要が無いし、ラクしながら料理の幅が広がりますね。

さらに、つぼ型容器ポットという付属品がついていて、これでチョコレートフォンデュができます^^

作り方はこちら

LUCTUS クックケトルでできるチョコレートフォンデュの作り方

<材料>
チョコレート 100g
生クリーム 100ml
水 600ml

<作り方>
①電気ケトル本体に600mlの水を入れる

②付属のつぼ型容器ポットに刻みチョコレート(100g)・生クリーム(100ml)を入れる

③つぼ型容器ポットを本体にセットし60度・保温に設定

④時々混ぜ チョコレートが溶けたら完成

 

マシュマロにたっぷりチョコを付けて食べたい(笑)
子どもから大人まで楽しめるし、パーティーなど大勢で集まる時にも盛り上がりそう♪

ほかには、卵やパスタをゆでる時にも使えますが、ガラス容器自体が800mlと小さめなので、お弁当作りの時や、おひとり様ランチの時に便利に使えそうですね。

これなら色々使えるから買ってもいいかも☆