家庭科でよく使うアレ(針に糸を通すやつ)の正式名称って何?本体に描かれている人物のナゾ

生活
スポンサーリンク

裁縫が大の苦手のさやかです。

先日、一人暮らしをする息子の荷物を整理していたら、小学生の時に使っていた裁縫箱が出てきました。

懐かしいって思いながら中身を見ると、あると便利だけど、影が薄いあのアイテムを発見!

ペラペラで銀色の糸通し!
でも、ちゃんとした名称って知らないよね??

というわけで、この記事では、家庭科ではなじみのあるものなのに、私を含め多くの方たちが正式名称を知らないであろう「家庭科でよく使うアレ(針に糸を通すやつ)」の正体についてまとめてみました。

スポンサーリンク

「家庭科でよく使うアレ」の正式名称って何?

正式名称は「スレダー」で、「スレイダー」や「スレッダー」とも言われることもあります。

名称の由来が「糸を通す」という意味を持つ動詞「thread(スレッド)」に、「~をする人」という意味の接尾語erを付けたものからきています。

銀色の糸通しじゃなかったんですね(笑)。

「家庭科でよく使うアレ」とか、「針に糸を通すやつ」のほうが親近感を覚えてしまいます。

銀色本体下に「◇(ひし形)」のように細い金属部分を、針の穴にさして、ひし形部分に糸を通してスレダーをスッと抜くと、簡単に針の穴に糸を通すことができる便利なもの。

でも、細い金属部分って非常にもろくて、強く引っ張りすぎると、その部分が抜けちゃう経験をした方も少なくないハズ。

でも針に糸を通すのって、面倒で難しいので、便利グッズがあるのは助かるんですよね。でも知名度が無い・・・。

もう少しスポットライトがあたってもOKじゃないのって思います。

銀色本体に描かれた人物の正体は?

 

地味な存在なんだけど、銀色本体に描かれた人物って、外国人風で、エリザベス女王のようにも見えますよね。

実は、ここに描かれている人物って、特定の人物ではないんです。

この銀色ペラッペラタイプの糸通しは戦前からあるもので、ドイツやイギリスから輸入されているんです。

戦後になると、日本国内でも製造されるようになり、絵柄は戦前に輸入されていたものを参考にしながら、人物を描いているということなんです。

輸入品なので正式名称が英語で、絵柄もエリザベス女王のような雰囲気なのかもしれないですね。

絵柄は、女性っぽいもののほか、男性風や手芸用品販売で知られるクロバー株式会社のロゴが絵ががれているものもあります。

スレダーの絵柄については、必ずだれかの顔が描かれているわけではなく、一つのデザインとしてのようです。

まとめ

家庭科でよく使うアレの正式名称は「スレダー」。

「スレイダー」や「スレッダー」とも言われることもある。

名称の由来は、「糸を通す」という意味の動詞「thread」に、「~をする人」という意味の接尾語erを付けたもの。

家庭科でよく使うアレに描かれている人物は、特定の人物ではなく、女性っぽいものや、男性っぽいものや会社のロゴのものもある。

元は輸入品だったとは驚きましたが、もう少しスポットライトが当たってもいいのにな…って感じました^^