ホームステイ先の土産でニュージーランドに行くときは何がおすすめ?

記事
スポンサーリンク

娘が、ニュージーランドに1か月の短期留学に行くことになり、ホームステイをさせてもらうので、今からドキドキの様子。

ホストファーザー・ホストマザーにお世話になるので、感謝の気持ちをこめてお土産を渡そうと考えています。

しかし、日本とは異なる文化や習慣があるので、どのようなお土産が喜ばれるのか悩むところ。

この記事では、ニュージーランドへホームステイをする時に持っていくお土産についてまとめています。

これを読むと、実際に持参したもの、周りの子どもたちの状況、人気のお土産について知ることができ、ホストファミリーに喜んでもらえるものをチョイスすることができますよ^^

スポンサーリンク

ホームステイ先の土産の相場ってどの程度?

いきなり下世話な話と思われるかもしれませんが、金額面は一番気になるところですね。

我が家の場合、1000円程度の予算にしました。

理由は、学生なので、高額なものは不要だと考えました。

そもそも海外においては「お土産」という風習が無いので、気を遣う必要はありません

また、ホームステイ先によって、各国からの留学生を受け入れているところあり、韓国やイタリアなどから来た学生さんは、お土産を持っていかなかったけど、全く問題が無かったと聞きました。

しかし、初対面の人に自分から話しかけることが苦手な方だと、お土産を渡すタイミングで会話に入りやすいメリットもあります。

そんなきっかけが目的であれば、なおさら高額な土産は必要なく、100均で購入できる小物や文房具もいいですし、スーパーで買えるお菓子でもOK。

海外では、日本のお菓子は大人気で、娘の先輩が留学した時、お土産を準備していたのに忘れてしまい、たまたま飛行機内で食べようと思って手荷物に入っていた「アルフォートのファミリーパック」を渡したら、喜んでもらえたそうです。

なので、お土産の予算の目安は、お菓子を少し持っていける程度でいいでしょう。

ホームステイ先に渡すお土産で気を付けることは?

せっかくなら、喜んでもらえるお土産を持っていきたいですよね。

選ぶ時に気を付けると良いことが次の3つです。

  • ホストファミリーの家族構成を考慮
  • 移動中壊れる心配のないもの
  • できる限り軽いもので、かさばらないもの

ホストファミリーの家族構成を考慮

家族構成については、我が家の場合だと、娘と同じ年齢の女の子と3歳上のお姉ちゃん、お父さん・お母さんの4人家族だったので、子ども中心に考えました。

姉妹と女子トークで盛り上がると楽しいだろうと考えました。

移動中壊れる心配のないもの

移動中壊れる心配のあるでは、万が一破損していたら印象が悪くなりますし、処分に困る場合も出てきますので、避けるようにするといいですね。

できる限り軽いもので、かさばらないもの

また、飛行機に搭乗する時、荷物の重量制限がありますので、お土産が重たくなったり、かさばってしまうものは避けるようにしましょう。

日本っぽいお土産で注意する点

それと、「お土産=その土地らしいもの」というイメージがありますので、せっかくなら日本らしいものを選びたいって思いますよね。

でも、これは失敗してしまうケースがあります。

日本らしいものだと、お箸、折り紙、絵葉書、しおり、達磨、こけし、日本人形、浴衣、富士山がデザインされたものあたりですね。

確かに、お土産としてピッタリって思いますが、留学生を多く受け入れているファミリーの場合、特に日本人の割合が多いと、頻繁にお土産をもらうことになります。

お箸、折り紙、絵葉書は、かさばらず値段も手ごろですが、皆さん同じ考えをする方が多いんです。

先輩の話で、ファミリー宅の引き出しの中を、たまたま見た時、折り紙が大量にあって、それも無造作にポンポン入れているだけ。

その横の引き出しは、お箸がゴロゴロ出てきてビックリ!

その先輩は、お土産に「折り紙」を準備していたので、結局渡すことが出来なかったそうです。

達磨やこけしでは、気持ち悪いと感じる外国の方が多いので、避けるものの一つになってます。。

日本人形や富士山のデザインの置物などは、置き場所に困ることも。

日本人もあるある話ですね(汗)

留学生を多く受け入れているステイ先では、食べ物を選ぶようにするといいですね。

食べ物(消え物)にする場合の注意

食べ物については、文化の違いで受け入れにくいものがありますので、気を付ける必要があります。

例えば納豆、梅干し、つくだ煮などは好き嫌いが分かれるので避けるようにしましょう。

また、ニュージーランドでは、農業と酪農が盛んな国なので、防疫上の理由から食品の持ち込みが厳しく制限しています。

入国する際、事前に申告する義務があり、ポケットの中の飴やガム等も該当してしまうほどです。

万が一申告をしないで荷物の中から食品が出てきた場合、即金で罰金を払うことになります。

日本人でやりがちなのが、自宅などで作った手づくりの漬物やお菓子類でのトラブル。見つかったらその場で廃棄処分になりますので、注意してくださいね。

食べ物を持ち込む際、次に上げる6つの条件を満たしていれば、問題にはならないでしょう。

  • 入国カードで食品の持ち込みを申告する
  • 工場で作られた未開封のもの
  • 生ものではないこと(肉、野菜、果物など)
  • すぐ食べられるものではないもの(お弁当やサンドウィッチなど)
  • 自宅などで作った手づくりの食べ物ではないこと(漬物やお菓子など)
  • 販売目的ではないこと

他の国においても、持ち込み制限を設けていますので、渡航する前にチェックしておくと安心ですね。

ホームステイ先が変更になった場合ってどうする?

渡航する時に、どんなファミリーにお世話になるのかは教えてもらえるのですが、ファミリーの都合などで急遽変更になることも多いです。

そのような場合は、お菓子類があると渡しやすいので、いくつか持っていくと重宝すること間違い無しです。

実際にお土産に選んだものは?

実際にホストファミリーに渡したお土産を紹介します。

  • 100均のネイルシール 5点
  • ホッカイロ 10個入り
  • 手ぬぐい

ホストファミリーの家族構成が、娘と同じ年齢の女の子と3歳上のお姉ちゃん、お父さん・お母さんの4人家族だったので、女子トークで盛り上がることができたら楽しいだろうなと思い、選んだのが『100均のネイルシール』

お洒落に興味が出てくる年ごろなので選びました。

お父さん・お母さんには『ホッカイロ』『手ぬぐい』

ホッカイロは、日本では馴染みのあるもので、我が家でも冬になると毎日使っているものですが、海外でも非常に人気が高いものの、日本にしかないものの代表格になります。

手ぬぐいは、日本らしいものであるほか、気に入らなかったら雑巾として使えるので邪魔にならないだろうと思いました。

後は、機内持ち込みの荷物の一つとして、ハイチュウ5つ、ポッキー3箱を持っていくことにしました。

まとめ

お土産は選んでいる時が楽しいですが、本当の喜んでもらえるものって考えると悩んでしまいますね。

しかし、こだわり過ぎる必要はなく、身の回りのもので自分自身が好きなものを持っていくのが一番。

実際に渡す時にも、どんなものか説明しやすいですし、会話のきっかけにもしやすいです。

迷ってしまった時は、とりあえず日本のお菓子類をいくつかチョイスして持っていくと重宝します。

日本のお菓子は美味しいものが多く、海外では買えないことが多いので喜ばれますよ^^